2015.04.12 Sun | GUESTHOUSE

ゲストハウスでは初?

Processed with VSCOcam with c1 preset

 

恐らく、ゲストハウスでは初ではないかと思いますが、イェーガーマイスターのタップサーバーが到着し、先日設置完了しました。マイナス18℃で常にキンキンのイェーガーが搾られる危険な装置です。未来から届いたのでしょうか。

 

・イェーガーマイスターって?

 

欧米を中心にポピュラーなパーティドリンク。独特な味のするハーブリキュールです。ショットでワーっと乾杯するのは、テキーラが主流ですが、このイェーガーも負けず劣らずの人気があります。そう危ないです。

 

きっかけは、宿泊していたアメリカ人のお客さんとイェーガーの話をしていた時に、「そういえば、専用のマシーンがあるんだ。マイナス25℃で出てくるやつで、クールなのさ。」と言っていたこと。

 

それを聞いたオオハタは目を輝かせ、「え、欲しい!」となり、酒屋さんに連絡。「イェーガーのマシン入れてください!」と直談判し、設置に至りました。(酒屋さんも、「え、なんですかそれ?」と目が点になっていたのはここだけの話)

 

マシン導入条件は月に12本のイェーガーマイスターの消費が必要。事の顛末を後から聞いたソウイチは「おいおい冗談かよ!」と思いつつも、現在に至ります。(そもそもマイナス25℃ではなく18℃だし。)

 

という訳で皆さん、是非乾杯しに来てください。もちろん、イェーガーはショット以外にも様々な割り方があり、カクテルとして飲むこともできるので、ご安心してください。

 

ソウイチ